第6位⇒「Simple English / Magic 81」英語トレーニングのスーパーメソッド

学習・自己啓発【年間売上ランキング】第6位
⇒「Simple English / Magic 81」英語トレーニングのスーパーメソッド

 

第6位⇒「Simple English / Magic 81」英語トレーニングのスーパーメソッド

 

第6位⇒「Simple English / Magic 81」英語トレーニングのスーパーメソッド

 

第6位⇒「Simple English / Magic 81」英語トレーニングのスーパーメソッド

 

数学で言えば、「足し算」から「割り算」までが

 

日常生活で一番役立つのと同様、

 

英語も中学3年2学期までの文法と語句で95%はOK。

 

 

具体的には

 

Simple English Magic 81

 

かけ算九九のように覚える81文(+その応用文121センテンス) だけで、

 

英語が十分に話せます。

 

 

Simple English メソッド開発元となる根本的な考え

 

本当に必要な語1772語

 

本当に必要な文法(現在完了まで)

 

本当に必要なイディオム169語

 

各種の研究機関が中学程度の英語で話せると言っています。

 

ロングマン Longman Dictionary of Contemporary English という

 

英英辞典では、5万6000の収録語を2000の基本語で説明しています。

 

 

目標が見える

 

ここで注目して欲しいことは

 

目標がハッキリしている ということです。

 

山に登る時、どのぐらいの高さの山に

 

登るのか分からないとしたら、

 

心の負担はたいへんなものです。

 

皆さんは、高さが分からないばかりか、

 

どの山に登るのかも分からず、

 

やみくもに学習しています。

 

教えている先生達も同様です。

 

 

トレーニング

 

1、中学英語の具体的運用法を示します。

 

例えばあなたは get, take, let, on, for などの

 

基本語が十分に使えますか?

 

(基本動詞、前置詞を中心において英語脳を作ります。)

 

 

2、英語は勉強という側面もありますが、トレーニングが大切です。

 

トレーニング方法を具体的に示します。

 

 

心の負担

 

心の負担を軽くできるでしょう。

 

具体的に心理面の重要性を示し、

 

あなたの脳が自然に英語は取り組 みやすいぞ!と言い出します。

 

(私の知る限り心理面の重要性に気付いた専門家はひとりもいません。

 

語句や文法を紹介、解説しているだけの人が大半?

 

皆さんは英語の知識の専門家でなく教え方のプロを必要としています。)

 

 

英語は単純

 

潜在意識、右脳/左脳、英語脳などの

 

脳の働きから見た学習法を分かりやすく解説します。

 

positive な語(成功、陽気など)からトレーニングします。
(心理面の重要性です!)

 

あれやこれや色んな教材に手を出すのは

 

効率が悪いばかりか、断片的に

 

あっちこっちとやるので混乱するのです。

 

(英検2級、TOEIC 680点の人達の大半は

 

断片的な知識のみで運用法を知らず、

 

トレーニング不足なので話せません書けません。)

 

 

英語教育業界も驚愕の革命的インパクト

 

あなたの英語を本当に短期間で

 

実用的にしたい人だけにお勧めします。

 

そして本当に上達へ導きます!

 

第6位⇒「Simple English / Magic 81」英語トレーニングのスーパーメソッド

 

その証拠に2000語で構成された辞書があります。

 

この辞書は、5万6千語の収録語の定義を

 

全て 2000 語でしています。

 

(このLongmanの辞書は特別なものではなく、書店やネットで日 本でもすぐ買えます。)

 

古くはオグデン(C.K.Ogden)というイギリスの学者が、

 

たった850語で日常の会話の大半はできてしまう

 

という発表を「The ABC of Basic English」(1932年)という本などで行ったこともあります。

 

他にも、英語の速記文字を編み出した

 

アイザック・ピットマンという人は、

 

わずか700語で日常会話の7割(派生語も含めれば8割)が

 

成立することを発見しました。

 

日本人は、この700語や850語の核になっている所の

 

トレーニングが不足していて、

 

3000語とか4000語の応用レベル的なことばかり

 

やっているのですから、

 

日常会話もできるようになれないのは当たり前です。

 

(逆に英語をマスターしている人というのは、700語〜850語の核となる部分をすでにマスターしている人です)

 

 

この2人の研究を突き詰めていき

 

私は英語を話すためには1772語、

 

81センテンスで十分という結論に達し、

 

独自の英語プログラムを開発する事に成功しました。

 

そして、このプログラムを2001年から Simple English と呼んでいます。

 

(必要な語1772語イディオム169語は非公開ですが、Simple Englishメソッドで学べるようちりばめられています)

 

誰でも独学でトレーニングが実践できるように、一冊の本とCD2枚にしました。

 

第6位⇒「Simple English / Magic 81」英語トレーニングのスーパーメソッド

 

⇒詳細はコチラ

 

 

【学習・自己啓発】インフォトップ 売れ筋教材ランキング【30日間】

 

 

ジャンル別 掲載コンテンツ

病気対策・症状改善の教材

効果的なサプリで健康対策

本業・副業で稼ぐ教材

ビジネスで稼ぐツール教材

株・FXで稼ぐ教材

ちょっとHな大人の恋愛教材

恋愛・人間関係の教材

恋活・婚活・出会い系マッチング

勉強・自分改革の教材

趣味やスポーツ上達法の教材

生活に必要な知恵の教材

ギャンブル必勝法の教材